ユーザー登録
文字サイズ

広報なごや 平成31年4月号

ひとつ空の下 共に生きよう!多文化共生都市 名古屋を目指して

1/33

愛知県名古屋市

近年、市内に住む外国人が増えてきています。名古屋市は“外国人を含めた全ての市民が多様性を活(い)かして活躍するまちづくり”を進めています。

※多文化共生…国籍や民族などの異なる人々が互いの文化的差異を認め合い、対等な関係を築きながら、地域社会の構成員として共に幸せに生きていくこと

■英語なら「How are you(注)」。声かけから始めよみゃあ!!
名古屋市長 河村たかし

「20歳で日本に来て、今50歳になったけど、当時は名古屋に住む外国人の中には、私よりもちょっと年上の方もいっぱいいたよ。その中には残念だけど、日本語が分からなくて国に帰るしかなかった方もいて、つらくなるよね。病院に行くときとか、子どもが日本語を話せても、いちいち親の通訳としてついて行くことはできないしね。だけど、私は子ども会とかPTAとかに入ったので、たくさんママ友ができて。ランチがおいしいとかね。やっぱり話すことができると、つながりができるよね」
と話すのは玉城(たましろ)エリカさん。30年前ペルーから日本に来て、その後ナゴヤに。今は名古屋国際センターの多言語スタッフ。
山本明代さん。名古屋市立大学の教授、人文社会学部長。ゼミで多文化共生に取り組んでいる。「外国の人たちが持っている文化や多様な価値観を知ると人生が豊かなものになるし、対立することもあるかもしれないけど、そこから新しいものが生まれてくる。ナゴヤの発展には外国の人たちと共生していく社会を作っていく必要があります」
友城(ゆうき)さん。山本ゼミに所属。多文化共生の現状や提案を若者の視点で発信中。「今後は共生から協働。職場内とか経済活動でも外国の人とうまく協働して、互いの良さを活(い)かしあって良いものを作っていきたいです」
ほんで、玉城さん。ナゴヤで暮らし始めたときと今のナゴヤで、何が良うなったの?
玉城さん「例えば区役所。前は通訳ってなかったよ。住民票欲しいけど、日本語でどうやって言うの?とかね。今はテレビ電話で通訳できるよ」
ナゴヤの皆さんにメッセージどうぞ。
玉城さん「今の時代、隣に誰が住んでいるのか分からない。隣の方ともっとフレンドリーに暮らせるようになるといいね」
友城さん「日常的に外国の人に声をかけられる社会になるといいですね」
山本さん「外国の人に苦手意識を持っている人たちもいるかもしれないけど、一歩踏み出して話してみてね」
多文化共生。難しく考えず、英語なら「How are you(ハウアーユー)」。声かけから始めよみゃあ!!

(注)日本語で「お元気ですか」の意

■名古屋で暮らす外国人の数は?
市内には、約150の国・地域出身の外国人が約8万3千人暮らしています。

□国・地域別在留外国人数
中国:23,386人
韓国:15,563人
フィリピン:9,236人
ベトナム:9,018人
ネパール:6,333人
その他:19,547人
合計:83,083人
※平成30年12月31日現在

■出入国管理及び難民認定法(入管法)が改正されました(4月1日から)
介護や建設などの分野で、一定の専門性や技能を持つ人材を外国から幅広く受け入れるため、就労を目的とした新しい在留資格が設けられました。
今後名古屋で暮らす外国人はさらに増えると予想されます。

■名古屋市の取り組み
□第2次名古屋市多文化共生推進プラン
平成29年3月に同プランを策定し、多文化共生都市の実現に向けて取り組んでいます。
例:
外国人向け市政ガイダンス
区役所窓口でのテレビ電話通訳
外国人向け健康相談 など

詳しくは 名古屋市 多文化(【URL】http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/11-11-1-4-0-0-0-0-0-0.html)

□名古屋国際センター3階 情報サービスコーナー・相談窓口(予約不要)
外国人には日本の生活や観光情報を、日本人には国際交流や留学に関する情報を9言語で提供
日時:火曜から日曜日の午前9時から午後7時(言語により対応時間や曜日が異なります。)

問合せ:同センター(中村区那古野一丁目47-1)
【電話】581-0100(月曜日休み)

近所に住む外国人にあいさつをする、地域の活動に誘ってみるなど、皆さんも身近にできることから始めてみましょう。

■名古屋で開催される国際的なイベントに参加して、外国の文化に触れてみよう!(申込不要)
□ベトナムフェスティバル
ベトナムの観光・文化・食などに関するステージやブース
日時:4月12日(金曜日)から14日(日曜日)午前10時から午後8時(4月12日は午後4時から、4月14日は午後5時まで)

□韓国フェスティバル
K-POP(ポップ)ステージや韓国グルメ・文化体験に関するブースなど
日時:4月20日(土曜日)・21日(日曜日)午前10時から午後6時(4月21日は午後6時15分まで)

場所:久屋大通公園 エディオン久屋広場
料金:入場無料

■こちらも見てね!ひとつ空の下 共に生きよう-まちかどの多文化共生-
まちかどで目にする外国人と日本人とのふれあいをショートストーリーで描いた映像
多文化共生推進ビデオ「ひとつ空の下 共に生きよう まちかどの多文化共生」
(【URL】http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000100049.html)

問合せ:観光文化交流局国際交流課
【電話】972-3062
【FAX】972-4200

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1