ユーザー登録
文字サイズ

広報なごや 平成31年2月号

くらしのガイド「法律相談」

16/34

愛知県名古屋市

■帰るまで、お貸ししましょう、我が自宅
Q
自宅を新築し家族で住んでいましたが、転勤が決まり引っ越すことになりました。自宅を借家にしたいのですが、5年後には今の勤務先に戻り、自宅に住む予定です。その場合、借主から必ず自宅を返してもらえるのでしょうか。

A
通常の借家契約では、契約期間が満了しても更新され、借主から決まった時期に必ず借家を返してもらうことは難しくなります。今回のような場合は、「定期借家契約」を結ぶとよいでしょう。契約を結ぶ際に、期間満了時に契約を更新せず終了させることを合意しておくものです。ただし、あらかじめ貸主から借主に、契約の更新がなく、期間満了で契約が終了する旨を書面で説明し、契約書にも趣旨を明記するなど、さまざまな条件を満たす必要があります。条件を満たさないと、通常の借家契約と同様に扱われてしまうこともあるので注意が必要です。
(愛知県弁護士会【電話】203-0730)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1