ユーザー登録
文字サイズ

名古屋市犯罪被害者等支援条例を制定しました

3/36

愛知県名古屋市

犯罪などの被害者や家族及び遺族の心に寄り添い、その権利や利益を保護することで、市民が安全で安心して暮らせる地域社会の実現を目指します。
■基本理念
◎犯罪被害者等の支援は、犯罪被害者等の人としての尊厳が重んじられ、被害を受けた時から再び平穏な生活を営むことができるまで、適切に途切れることなく行われなければいけません。
◎市・市民・事業者及び関係機関は、二次的被害の防止に最大限の配慮をしなければなりません。

□二次的被害
犯罪に遭ったことから派生した被害のことです。

・地域での噂(うわさ)話
・インターネットでの誹謗(ひぼう)中傷
・プライバシーの侵害
・周囲の無理解
・交通事故被害者が犯罪被害者として意識されない など
基本理念に基づき、犯罪被害者等支援に関する施策に取り組んでいきます。

■名古屋市犯罪被害者等総合支援窓口
平成30年7月1日に同窓口を開設し、支援金の支給や家事などのヘルパー派遣、配食サービスなど新たな支援事業を始める予定です。

□事業者の募集
犯罪被害者等を支援するため、家事などのヘルパー派遣や配食サービスを行う事業者を募集しています。詳細は市ウェブサイトをご覧いただくかお問い合わせください。

問合せ:市民経済局地域安全推進課
【電話】972-3124
【FAX】972-4823
市ウェブサイト:犯罪被害 条例(【URL】http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000104254.html)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1