ユーザー登録
文字サイズ

広報なごや 平成29年7月号

後期高齢者医療制度のお知らせ

7/53

愛知県名古屋市

■1 平成29年度の保険料が決定しました
7月中旬に年間保険料額と納付方法について、通知を郵送します。納付いただく保険料は、均等割額と所得割額の合計額(上限57万円)です。

保険料額(上限57万円)=均等割額 被保険者で均等に負担 年間46,984円+所得割額 所得額に応じて負担(前年中所得-基礎控除33万円)×所得割率9.54パーセント
※所得の低い世帯の方等に対する保険料については、軽減措置があります(申請は不要)。
※後期高齢者医療制度加入前日に会社の健康保険等の被扶養者であった方は、均等割額が7割軽減され、所得割額は課せられません。

保険料に係る軽減措置が変更になります。詳しくはお問い合わせください。
問合せ:後期高齢者医療保険料コールセンター ナビダイヤル0570-075801
【対応時間】7月3日(月曜日)から7日(金曜日)・10日(月曜日)から31日(月曜日)午前8時45分から午後5時15分

■2 保険証を更新します
現在お持ちの保険証の有効期限は7月31日(月曜日)までです。新しい保険証を7月下旬にお送りします。
※医療機関での自己負担額が3割の方のうち、一定の収入以下の方は申請により1割になります。対象となる方には7月上旬から申請書をお送りします。

・保険証裏面で、臓器提供に関する意思表示ができます。
・保険証と共に「ジェネリック医薬品希望カード」をお送りします。
ジェネリック医薬品(後発医薬品)を希望される場合は、医療機関・薬局でご相談ください。

■3 限度額適用・標準負担額減額認定証(減額証)を更新します
市民税非課税世帯の方は、減額証を医療機関の窓口で提示することにより、医療費の自己負担限度額と入院時の食費負担が軽減されます。現在の減額証の有効期限は7月31日(月曜日)までです。新しい減額証を7月下旬にお送りします。市民税非課税世帯の方で減額証を現在お持ちでない方は、お住まいの区の区役所保険年金課・支所区民福祉課で申請をしてください。

問合せ:区役所保険年金課・支所区民福祉課/健康福祉局医療福祉課 電話番号972-2573 ファクス972-4148

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1