ユーザー登録
文字サイズ

広報なごや 令和元年9月号

救急車の利用について考えてみませんか?

2/34

愛知県名古屋市

■救急医療週間 9月8日(日曜日)から14日(土曜日)
□市内での救急車の出動状況
・平成20年
出動件数:96,099件
出動頻度:約5.5分に1回

・平成30年
出動件数:133,842件
出動頻度:約3.9分に1回

10年前と比べて約1.4倍!約38,000件も増加しています。
救急車の台数は限られています。救急車の利用について正しく理解して、いざというときに皆さまが安心して利用できるよう、ご協力をお願いします。

□ためらわず救急車を呼んでください!
・突然の激しい頭痛
・締め付けられるような胸の痛み
・呼びかけても反応がない など
⇒重大な病気やケガの可能性があります。

□本当に救急車が必要ですか?一刻を争う方が利用できなくなる可能性があります
・「どこの病院に行けばよいか分からなかった」
・「夜間・休日でも診察してほしかった」
・「救急車で行けば、先に診てもらえると思った」
⇒かかりつけ医に相談するか、各区休日急病診療所・平日夜間急病センターなどを利用しましょう。自分や家族の健康(病気の治療・予防)などに関して日常的に相談できるかかりつけ医を持ちましょう。

□医療機関が分からない!夜間の子どもの急な病気・ケガで相談したい!そんなときは
・愛知県救急医療情報センター
365日 24時間
【電話】052-263-1133

・小児救急電話相談
365日 午後7時から翌午前8時
【電話】♯8000

・子どもあんしん電話相談
[月曜から金曜日]午後8時から午前0時、
[土曜・日曜・祝休日]午後6時から午前0時
【電話】052-933-1174

□共通事項
問合せ:消防局救急課
【電話】052-972-3563
【FAX】052-972-3582

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1