ユーザー登録
文字サイズ

広報なごや 令和元年9月号

子どもや高齢者の事故を防ぎましょう

4/34

愛知県名古屋市

■秋の交通安全市民運動 9月21日(土曜日)から30日(月曜日)
全国で子どもや高齢者が当事者となる交通事故が相次いで発生しています。
交通ルールの順守と交通マナーの向上に取り組み、悲惨な事故を防ぎましょう。

□保護者の方へ お子さんと交通安全について考えましょう
子どもは、興味があるとそのことに夢中になり、周囲の状況が目に入らなくなってしまいます。
交通ルールや横断の仕方など、交通安全についていま一度お子さんと一緒に考えてみましょう。

□高齢者の方へ 加齢に伴う身体機能の変化を理解しましょう
高齢の方は、若い頃に比べ身体機能が低下し、交通事故に遭う危険が高まります。
・お出かけの際、特に自動車を運転される場合は、ご自身で十分に注意し、交通事故に遭わない・起こさないようにしましょう。
・運転に不安を感じた方は、運転免許の自主返納を検討しましょう。
※名古屋市では運転免許自主返納支援事業を実施しています。

問合せ:運転免許自主返納支援事務局
【電話】052-485-5757
市ウェブサイト 高齢者の運転免許自主返納促進事業(【URL】http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000104113.html)

□ドライバーの方へ 思いやり運転を心掛けましょう
子どもや高齢者を見かけたら、スピードを落とした「思いやり運転」をするなど、より安全な運転を心掛けましょう。
また、横断歩道で歩行者などを見かけたら必ず止まるといった「歩行者保護」を実践した運転をしましょう。

□この時期は夕暮れ時に特にご注意!
秋から年末にかけては、日増しに日没が早くなり、夕方から夜間の事故が増えてきます。
・お出かけの際は、反射材をつけましょう。
・ドライバーの方は、早めのライト点灯を心掛けましょう。

□共通事項
問合せ:市民経済局地域安全推進課
【電話】052-972-3123
【FAX】052-972-4823

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1