ユーザー登録
文字サイズ

広報なごや 令和元年7月号

消費税率引き上げに伴う介護保険サービス利用料金などの改定

8/43

愛知県名古屋市

10月から消費税率が引き上げになった場合に、ほとんどの介護保険サービスの利用料金が改定されます。それに伴い、1割から3割負担で利用できる介護保険サービスの利用限度額(在宅系サービスなどの支給限度額)も、次の通り引き上げられます。
※詳しくは担当のケアマネジャーか、利用されている各事業所にお問い合わせください。

■利用限度額(1カ月あたり)
区分:事業対象者
9月30日まで:5,003単位
10月1日から:5,032単位

区分:要支援1
9月30日まで:5,003単位
10月1日から:5,032単位

区分:要支援2
9月30日まで:10,473単位
10月1日から:10,531単位

区分:要介護1
9月30日まで:16,692単位
10月1日から:16,765単位

区分:要介護2
9月30日まで:19,616単位
10月1日から:19,705単位

区分:要介護3
9月30日まで:26,931単位
10月1日から:27,048単位

区分:要介護4
9月30日まで:30,806単位
10月1日から:30,938単位

区分:要介護5
9月30日まで:36,065単位
10月1日から:36,217単位

介護保険証には利用限度額が記載されていますが(事業対象者を除く)、現在お手持ちの介護保険証は、要介護認定等の有効期間内であれば、利用限度額が改定されているものとしてそのまま使用できます。
また、施設および短期入所サービス(ショートステイ)を利用した際の食費・居住費(滞在費)の標準的な費用額(基準費用額)も引き上げられますが、負担限度額認定証が交付されている方の負担限度額に変更はありません。

問合せ:区役所福祉課・支所区民福祉課

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1