ユーザー登録
文字サイズ

広報なごや 令和元年6月号

【くらしのガイド】市からのお知らせ(1)

17/37

愛知県名古屋市

■薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」
覚醒剤・大麻・危険ドラッグなどの薬物乱用は、本人の心と健康をむしばむばかりでなく、家庭崩壊や犯罪につながります。正しい知識を身に付け、薬物乱用を防止しましょう。

問合せ:市保健所環境薬務課(健康福祉局内)
【電話】052-972-2651
【FAX】052-972-4153

■カラスにごみを荒らされないための対策をしましょう!
3月から7月はカラスの繁殖期で、特に被害が多くなります。被害を防ぐため、ごみの出し方を工夫しましょう。
・生ごみを減らす
・生ごみだけを新聞紙や紙袋などで包む
・ごみ袋を目の細かい防鳥ネットでしっかり覆う
・ごみは収集日の朝に出す

問合せ:環境局作業課
【電話】052-972-2394
【FAX】052-972-4133

■「イエローチョーク作戦」を開始しました
犬のフン害でお困りの方が犬のフンの周りを黄色のチョークで囲み、日時を書くことで、困っている方がいることを飼い主に伝える方法のことです。実施希望の方は、届け出が必要ですので、お住まいの区の保健センターにご相談ください。

問合せ:保健センター・市保健所食品衛生課(健康福祉局内)
【電話】052-972-2649
【FAX】052-955-6225

■介護サービス事業者の自己評価・ユーザー評価の結果公表
居宅介護支援・介護老人福祉施設など18種類の介護サービスについて、平成30年度の事業者の自己評価と利用者の評価結果を公表
閲覧:6月28日(金曜日)からホームページ、区役所福祉課・支所区民福祉課

問合せ:健康福祉局介護保険課
【電話】052-972-3487
【FAX】052-972-4147
【HP】NAGOYAかいごネット(【URL】http://www.kaigo-wel.city.nagoya.jp/view/kaigo/top)

■歯の検診を受けましょう
6月4日(火曜日)から10日(月曜日)は、「歯と口の健康週間」です
市では市民を対象に、市内の協力医療機関において、下記の検診を無料で実施しています。ぜひこの機会に受診しましょう!

□歯周疾患検診
検診対象:平成31年4月1日現在40・45・50・55・60・65・70・75・80歳の方
回数:来年3月31日(火曜日)までに1回

□在宅ねたきり者訪問歯科診査
検診対象:40歳以上の在宅療養中で通院困難な方
回数:来年3月31日(火曜日)までに1回

□妊産婦歯科診査
検診対象:妊産婦
回数:妊娠中に1回と、産後お子さんの1歳の誕生日の前日までに1回
□共通事項

問合せ:
市歯科医師会【電話】052-962-9559【FAX】052-962-9561
(健康福祉局健康増進課【電話】052-972-2637【FAX】052-972-4152)

■吹付けアスベスト対策補助制度
□分析調査費
15万円まで

□除去などの改修費
3分の2まで(上限120万円)

□共通事項
対象:市内にある建築物(解体時を除く)。契約前の相談・申請必要

問合せ:住宅都市局建築安全推進課
【電話】052-972-2935
【FAX】052-972-4159

■消費生活審議会公募委員の募集
市民の消費生活の安定・向上を図るための施策について審議する
期間:9月から令和3年5月
対象:市内在住か在勤(学)で20歳以上の方。選考で若干人
受付:6月28日(金曜日)消印有効
要項配布:区役所情報コーナー・市民経済局消費流通課
【電話】052-972-2437
【FAX】052-972-4136

■農薬の適正使用のお願い
農薬は、使用方法を誤ると人への健康被害や環境への悪影響をもたらす場合があります。子どもや病気の方、体の弱い方への配慮からも、次のことを守ってください。
・病害虫や雑草の発生予防など、農薬を使用しない方法を考えましょう。
・農薬を使用する場合は、近隣に周知し、飛散防止に努めましょう。

問合せ:緑政土木局都市農業課
【電話】052-972-2466
【FAX】052-972-4141

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1