ユーザー登録
文字サイズ

広報なごや 令和元年6月号

「ともにつくる 大雨に強いまち なごや」を目指して

8/37

愛知県名古屋市

■大雨対策の計画を改定しました
名古屋市と市民・地域・事業者が互いに連携して取り組む大雨対策の方針をとりまとめた「名古屋市総合排水計画」を改定しました。

□名古屋市の取り組み[今年度からおおむね30年間で実施]
「市民の命を守る」・「市民の財産を守る」・「都市機能を確保する」ことの実現を目指し、河川・下水道の施設整備などの治水対策を進めます。
・1時間あたり63mmの雨に対する浸水被害がおおむね解消されます
・1時間あたり約100mmの雨に対する床上浸水がおおむね解消されます

□市民の皆さんへのお願い
近年は、気候変動などの影響もあり、雨の降り方によっては河川や雨水排水施設だけでは水害を防ぎきれない場合もあります。市が提供する情報などを活用しながら、自分や家族の命、財産を守るための取り組みを行いましょう。
・住んでいる(住もうと思っている)地域の水害リスクについて知る
・家を水害から守るための工夫を知り、対策をする
・自分や家族を水害から守るために必要な取り組みを知り、行動する

□共通事項
閲覧:市ウェブサイト、区役所情報コーナー・支所、図書館など

問合:
緑政土木局河川計画課【電話】052-972-2884【FAX】052-972-4193
上下水道局下水道計画課【電話】052-972-3764【FAX】052-961-0314

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1