ユーザー登録
文字サイズ

広報なごや 令和元年12月号

認知症は早期発見・早期対応が大事です!もの忘れ検診が1月から始まります(無料)

6/33

愛知県名古屋市

高齢化の進展に伴い、現在65歳以上の高齢者の6人に1人といわれる認知症の方の割合は、今後も増加していくことが予想されます。
認知症は誰もがなり得る病気です。もの忘れ検診を受診し、認知症の適切な治療や予防のきっかけとしましょう。

対象:市内在住で65歳以上の方(受診する年度に65歳になる方を含む)
場所:市内約270カ所の協力医療機関

■受診の流れ
1.予約
市内の協力医療機関で予約(予約受け付けは1月から)
2.受診
予約した日時に、住所・生年月日が分かるもの(保険証など)を持参して受診
※認知機能の低下について、問診により簡易的に検査するもので、認知症の診断を行うものではありません。
3.結果通知
受診した医療機関で結果を説明。認知機能の低下が認められる場合などは、精密検査の受診をご案内
※精密検査は保険診療となり、医療費の自己負担分がかかります。
検診や精密検査を実施する医療機関など詳しくは、市ウェブサイトをご覧いただくか、お問い合せください。

■共通事項
問合せ:
名古屋おしえてダイヤル【電話】052-953-7584【FAX】052-971-4894
(健康福祉局地域ケア推進課【電話】052-972-2549【FAX】052-955-3367)

よくある質問のページ(【URL】http://faq.city.nagoya.jp/P200.aspx?FAQID=0003011)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1