ユーザー登録
文字サイズ

広報なごや 令和元年12月号

令和2年はCOP10開催10周年

1/33

愛知県名古屋市

平成22年(2010年)に名古屋で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)。
令和2年(2020年)はCOP10開催10周年にあたります。この機会に生物多様性について考えてみましょう。
※COP10とは・・・生物多様性の保全と持続可能な利用などを目的とした生物多様性条約の第10回締約国会議で、世界中から180の国と地域、国際機関、NGOなど、計1万3千人以上が本市に集まりました。

■国際条約で「ナゴヤ」。初めてだがね。
まずそもそもナゴヤで10年前ひらかれたCOP10てなんなんだ?
COP10とは、10回目のConference of Parties(カンファレンス オブ パーティーズ)(条約を結んだ国・地域などの会議)ということ。それ説明せずにCOP10どうのこうの言ってもわからんがや。
生物多様性の保全について話し合ったその会議で決まったのが、ナゴヤプロトコル(名古屋議定書)。
涌井史郎さん。どえりゃあ人間味あふれるナゴヤへの愛着が強い方。生物多様性の大切さを広めるためCOP10の翌年にできた国連生物多様性の10年日本委員会委員長代理。
「10年前のCOP10。どう振り返りますか」河村たかしからのインタビュー。
涌井さん「2050年までに世界が自然と共生する社会を作ろうと、『愛知目標』や『名古屋議定書』がここ名古屋で決議。国際条約でナゴヤと名前が入ったのは初めてのこと。みんなが『生物多様性って大事だね』ということを理解する世の中にしようと、その後の10年を『国連生物多様性の10年』とすることが決まったんです」
この10年、生物多様性、どう変わった?
涌井さん「人間は生き物の一部であるということについての認識が随分深まってきました。自然はリスペクトするもので、人間はその自然の輪の中にあるというのが日本人の考えです。どちらかというと世界は今こちらの考え方に動きつつあるんですよ」
ナゴヤにどんな取り組みが求められる?
涌井さん「リニア中央新幹線の開通によるストロー現象で、名古屋が東京の郊外になる恐れがありますが、その時こそ東京では絶対実現できない個性『環境都市ナゴヤ』が未来の姿で示せるといいですね」
市民の皆さんへメッセージどうぞ。
涌井さん「世界から見ると実は名古屋は大変な環境都市。名古屋市民は環境問題について、一生懸命、熱心。名古屋の人は質実剛健で寛容力があり、それがCreation(クリエイション)(創造)の種になる。そこを大事にしていくといいと思います」
市長やらしてもらっとると、世界から多くのお客様。「ナゴヤどう感じた」と聞くと「Clean and PeacefulTown(クリーン アンド ピースフル タウン)」(きれいで、平和で幸せなマチ)という答えがよく来るがね。環境に暮らしに世界1エエまちナゴヤ。みんな目指そみゃあ!!

■生物多様性ってなに?
◆生物多様性とは?
生物多様性とは、生き物たちの豊かな個性とつながりのこと。地球には、森・川・海などのさまざまな環境があり、
それぞれの環境ごとに、種類や性質の違うたくさんの生き物が、お互いにつながり、支え合って生きています。

◇私たちにどんな関係があるの?
私たちの暮らしは、生き物の恵みに支えられています。
・たべもの
肉・魚・米・野菜・果物などあらゆる生き物の命をいただいています。
・文化
自然と共存する中で、料理・芸術・祭りなど多様な文化が育まれました。
・衣服
綿や麻、絹や羊毛など生き物から採れた繊維を多く使っています。
・環境
上流域の森林では、雨水が地中に蓄えられ、洪水の抑制につながっています。
・くすり
生き物から抽出した成分により、数多くの薬が作られています。
・住まい
日本の住居には、木材や畳など植物由来の建材が多く使われています。

◇生き物の恵みを受け続けるために
・たべよう
地元でとれたものを食べ、旬のものを味わいます。
・ふれよう
自然の中へ出掛け、身近な自然や生き物に触れます。
・つたえよう
自然の素晴らしさを写真や絵、文章などで伝えます。
・まもろう
生き物や自然、人や文化とのつながりを守る活動に参加します。
・えらぼう
エコラベルなど環境に優しい商品を選んで買います。

身近なことから始めよう!

■あいち・生物多様性EXPO(エキスポ)(入場無料)
未来へつなぐ「国連生物多様性の10年」せいかリレーキックオフイベント
日程:1月11日(土曜日)・12日(日曜日)
場所:名古屋国際会議場(熱田区熱田西町1-1)

◆生物多様性交流ひろば(申込不要)
日時:1月11日(土曜日)・12日(日曜日) 午前10時から午後5時
場所:イベントホール
・ブースエリア
NPO・企業・学生などによるブース出展
生物多様性フードコート
・ステージイベント
生物多様性ミニ授業
出演:アウトドア派タレントの鉄崎幹人さん・SKE48・MAG!C☆PRINCE(マジックプリンス)

◆シンポジウム(事前申込制)
日時:1月11日(土曜日)午後1時20分から午後5時
場所:センチュリーホール
人数:1,500人

◇基調講演 午後2時から午後2時40分
さかなクンと考えよう!私たちの暮らしを支える生物多様性
講師:生物多様性リーダーのさかなクン

◇パネルディスカッション 午後3時から午後4時30分
生物多様性からSDGs(エスディージーズ)時代を考えよう!
出演:CEPA(セパ)ジャパン代表の川廷(かわてい)昌弘さん・SKE48・MAG!C☆PRINCE

◇分科会(事前申込制)
日時:1月12日(日曜日)
午前10時から正午
・あいち・なごやの生物多様性
・生態系の保全・再生
午後0時45分から午後2時45分
・生態系サービスの持続可能な利用
・多様な主体の連携
場所:レセプションホール
人数:各回100人

◇共通事項
案内配布:ホームページ・区役所情報コーナー
受付:12月25日(水曜日)まで

他にも楽しい企画が盛りだくさん!イベント詳細はあいち・なごや生物多様性EXPOホームページで

問合せ:環境局環境企画課
【電話】052-972-2698
【FAX】052-972-4134

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1