ユーザー登録
文字サイズ

広報なごや 令和元年10月号

-なごやの母なる川- 堀川でつながる、「ひと」と「まち」

1/44

愛知県名古屋市

名古屋城築城時に開削されて以来、名古屋のまちづくりの歴史とともに歩んできた堀川。産業の発展に伴う環境悪化などを乗り越え、堀川再生を目指す市民団体などの活発な活動が実を結び、いま堀川では「うるおい」と「にぎわい」に溢れた都市軸としての輝きがよみがえりつつあります。

■尾張ナゴヤの皆の衆。どえりゃあがや 名古屋市長 河村たかし
「何で堀川が広報なごや10月号?」河村たかしのつっこみ。
「いろんなイベントが10月に」と市広報課。福島正則公(400年前堀川を掘った郷土の武将)が初めて10月に鍬(くわ)入れしたんかと思ったがや」河村たかしがギャグ。
ほんなら自己紹介どうぞ。
梅本隆弘さん「堀川、最上流部(黒川)で活動。黒川ドリーム会会長。北区役所の近くから上飯田三階橋まで、全くの自然の川。自然観察会で子どもたちが川へ入ってザリガニとかフナとかね」
鬼頭浩さん「中流域、納屋橋地区。堀川フラワーフェスティバル実行委員会会長。500人中学生コーラスとか、400基の市民手づくりのハンギングバスケット(手すりの花かご)、ゴンドラウェディングとかやっとるがね」
川口正秀さん「堀川下流域、熱田あたり。堀川まちネット理事長。6月に堀川まつり。春と秋は大そうじ秋には七里の渡しの舟旅、いろいろとやっとるよ」
堀川の変化やご苦労は?
梅本さん「上飯田線の工事で出たきれいな地下水を黒川へ流してもらったので、ものすごくきれいになって。いったんきれいな川を見ちゃうと、絶対汚したくないって皆の意識が変わったね」
鬼頭さん「まだ、名古屋へ行ったら堀川へ行こみゃあ、とはなっとらん。どんどん人が寄って、いろんなイベントにも来てもらえるようにしたゃあワね」
川口さん「堀川まつり30回。令和元年30回目で初めて花火を打ち上げて、すごく地元の人の共感。30年やった甲斐だよ」
夢と市民の皆さんへメッセージどうぞ。
梅本さん「いつまでも子どもたちと川へ入って遊べる黒川。昔は納屋橋で舟泊めて食事と一杯飲んだりできた。楽しめるようになるといいね」
鬼頭さん「『広ブラ』じゃないけど、納屋橋で水辺を楽しみ、ショッピング、食事、一杯。ぜひ来て楽しんでちょうよ」
川口さん「お城木造復元が出来て100年後、熱田が港町の風情を残して将来の子どもたちがいきいきと。やっぱり川をきれいに、雨降りにたれ流しになっとる下水道の話も皆さんに知ってほしいよ」
郷土の武将福島正則公に「名古屋城も木造に復元したし、ワシが苦労して堀った堀川もまた泳げるぐりゃあに戻ったがや。尾張ナゴヤの皆の衆はどえりゃあがや」と思ってもらえる未来になるとええがね。きっとあの世で見てござるよ。

■みんなで一緒に ”川を活かしたまちづくり”
堀川では、様々な立場の人が手を取り合って浄化やにぎわいづくりに取り組んでいます。それぞれの活動を掛け合わせ、つなげることにより、堀川を軸とした協働によるまちづくりが進んでいます。
周辺各地での活動の一部をご紹介します。

□納屋橋エリア
にぎわう都心部では、水辺の遊歩道や広場を有効活用。イベントやマルシェ、オープンカフェが楽しめます。
べネチアンゴンドラの体験乗船会も市民ボランティアによって開催されています。
他にも、定期的な水質調査・報告会や、堀川にまつわる歴史や文化の発掘・情報発信など、多くの方が活発に活動されています。
また、行政では護岸の改修工事やヘドロの除去など、治水・浄化対策に取り組んでいます。

□黒川エリア
庄内川とつながる上流部は「黒川」の愛称で親しまれています。「黒川友禅流し」は春の風物詩となっており、生き物などの自然観察会も開催されています。

□熱田・宮エリア
毎年6月には「堀川まつり」を開催。東海道の宿場町としてにぎわった様子を今に伝えています。

■イベント情報
□堀川ウオーターマジックフェスティバル
テレビ放送(【URL】http://www.city.nagoya.jp/shicho/page/0000094325.html)
納屋橋たもとに浮かぶクルーズ船上に特設バーが登場!復刻された幻の“カブトビール”が楽しめます。
日時:10月25日(金曜日)午後4時から9時 26日(土曜日)午後1時から9時
場所:納屋橋周辺(中区錦一丁目)

□Horikawa Hutte(堀川ヒュッテ) -社会実験イベント-
グランピング(「グラマラス(魅力的な)+キャンピング」の造語)をイメージした期間限定の木製テラスで、水辺のアウトドア気分を味わえる飲食イベント。
夜には、ライトアップによる幻想的な夜景空間の演出も。
日時:10月25日(金曜日)から11月4日(月曜日・休日)午前11時から午後9時
場所:みのりの広場・錦橋周辺(中村区名駅五丁目)

□共通事項
問合せ:緑政土木局河川計画課
【電話】052-972-2891
【FAX】052-972-4193

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1