ユーザー登録
文字サイズ

10月から 自転車損害賠償保険等への加入が義務となります

8/44

愛知県名古屋市

■なぜ、保険に加入しなければいけないの?
近年、自転車事故で相手方を死傷させた場合に、高額の損害賠償を命じる判決が相次いでいます。被害者の保護を図るため、また、損害賠償責任を負ったときの経済的負担の軽減を図るためにも、自転車損害賠償保険等に加入しましょう。

■どんな人が入らないといけないの?
市内で自転車を利用する方(未成年者が自転車を利用する場合はその保護者)
※市内を通過する場合を含みます。

■どのような保険に加入すればよいの?
必ずしも自転車専用の保険に入っていただく必要はありません。
火災保険や自動車保険の特約、会社などの団体保険のほか、さまざまな種類があります。また、自転車安全整備店で点検整備を行い、基準に合格した自転車に貼付されるTSマーク付帯保険もあります。

1.まずは、現在加入している保険の補償範囲を保険会社などに確認しましょう。
2.補償範囲に含まれていない場合は、自転車事故による損害賠償責任が補償される保険に加入しましょう。

※名古屋市では、保険事業を行っておりません。保険各社で取り扱っている保険にご加入をお願いします。
8月に配布した「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例特集号」でもお知らせしています。

市ウェブサイト 自転車損害賠償保険等への加入が義務となります。(平成29年10月1日施行)(http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000091461.html)

問合せ:市民経済局地域安全推進課
電話番号:972-3040
FAX 972-4823

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1