ユーザー登録
文字サイズ

8月から高額療養費制度、高額医療・高額介護合算制度の限度額が変わります

4/39

愛知県名古屋市

■70歳以上の皆さまへ
全ての方が安心して医療を受けられる社会を維持し、世代間の公平を図るために、現役並み所得世帯を3分割するなど、所得に応じたご負担をしていただくことになります。ご理解をお願いします。

■高額療養費制度とは
ひと月に支払った医療費が高額になり、限度額を超えた場合に、限度額を超えてお支払いいただいた分を払い戻す制度です。限度額は、個人もしくは世帯の所得に応じて決まっています。

〈8月からの限度額の基準〉
□現役並み所得世帯※1
課税所得 690万円以上
外来(個人ごと)・外来+入院(世帯ごと):252,600円+(医療費-842,000円)×1パーセント〈多数回140,100円〉※2

課税所得 380万円以上690万円未満
外来(個人ごと)・外来+入院(世帯ごと):167,400円+(医療費-558,000円)×1パーセント〈多数回93,000円〉※2

課税所得 145万円以上380万円未満
外来(個人ごと)・外来+入院(世帯ごと):80,100円+(医療費-267,000円)×1パーセント〈多数回44,400円〉※2

□一般課税世帯
外来(個人ごと):18,000円(年間上限144,000円)
外来+入院(世帯ごと):57,600円〈多数回44,400円〉※2

□市民税非課税世帯 2
外来(個人ごと):8,000円
外来+入院(世帯ごと):24,600円

□市民税非課税世帯 1
外来(個人ごと):8,000円
外来+入院(世帯ごと):15,000円

※1高齢受給者証に記載されている負担割合が「3割」の方が属する世帯
※2過去12カ月以内に4回以上限度額に達した場合は、4回目から「多数回」に該当し、限度額が下がります

■高額医療・高額介護合算制度とは
1年間に病院で支払った医療費の自己負担額と、介護保険のサービス利用時の自己負担額を合算し、限度額を超えた額が申請により「高額介護合算療養費」および「高額医療合算介護サービス費」として支給される制度です。

〈8月からの限度額の基準〉
□現役並み所得世帯
課税所得 690万円以上
限度額:212万円

課税所得 380万円以上690万円未満
限度額:141万円

課税所得 145万円以上380万円未満
限度額:67万円

□一般課税世帯
限度額:56万円

□市民税非課税世帯 2
限度額:31万円

□市民税非課税世帯 1
限度額:19万円※

※介護サービス利用者が世帯内に複数いる場合は31万円

問合せ:区役所保険年金課・支所区民福祉課

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1