ユーザー登録
文字サイズ

広報なごや 令和元年8月号

10月から幼児教育・保育の無償化が始まります

4/33

愛知県名古屋市

3歳から5歳(住民税非課税世帯では0から5歳)の幼稚園・保育所・認定こども園などの利用料(食材費・教材費・行事費などの実費を除く)が無償になります。

■対象施設と認定申請について
下記の他、就学前の障害児の発達支援(児童発達支援・障害児入所支援など)もあわせて無償化の対象になります。

□保育所・認定こども園・新制度幼稚園など
※新制度幼稚園」とは、平成27年から導入された「子ども・子育て支援新制度」へ移行した幼稚園のことを指します。
・申請などの手続きは必要ありません。
・10月1日以降の利用料などが無償になります。

□私学助成幼稚園
・9月以降に施設を通して市に申請してください。
・10月1日以降(10月2日以降の申請の場合は申請日以降)の利用料などを、市から保護者にお支払いします。
なお、無償化の実施方法は来年度以降変更になる場合があります。

□預かり保育
・9月以降に施設を通して市に申請してください。(「保育の必要性」の認定が必要)
※「保育の必要性」の認定は、保育の必要な事由(就労、疾病など)に該当する場合に、市に申請することで受けることができます。
・10月1日以降(10月2日以降の申請の場合は申請日以降)の利用料などを、市から保護者にお支払いします。
なお、無償化の実施方法は来年度以降変更になる場合があります。

□認可外保育施設 など
・9月以降に区役所・支所に申請してください。(「保育の必要性」の認定が必要)
※「保育の必要性」の認定は、保育の必要な事由(就労、疾病など)に該当する場合に、市に申請することで受けることができます。
・10月1日以降(10月2日以降の申請の場合は申請日以降)の利用料などを、市から保護者にお支払いします。
なお、無償化の実施方法は来年度以降変更になる場合があります。

◎認可外保育施設などの運営事業者の方へ
各施設が無償化制度の対象となるには、市への届け出が必要です。詳しくは市ウェブサイトをご覧ください。

■共通事項
ご利用の施設や、収入・家族状況などにより手続きや無償化の範囲が異なりますので、詳しくは下記までお問い合わせください。

問合せ:
子ども青少年局保育企画室【電話】052-971-1101【FAX】052-972-4146
ただし、障害児の発達支援の無償化については
子ども青少年局子ども福祉課【電話】052-972-2520【FAX】052-972-4438
私学助成幼稚園の利用料などの無償化については
教育委員会学事課【電話】052-972-3219【FAX】052-972-4175
【HP】市ウェブサイト 幼児教育・保育の無償化(【URL】http://www.city.nagoya.jp/kodomoseishonen/page/0000118930.html)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1