ユーザー登録
文字サイズ

広報なごや 令和元年6月号

災害発生!どうやって逃げる?

2/37

愛知県名古屋市

これからの季節、豪雨や台風などにより風水害が発生する可能性があります。いざという時のため、風水害発生時の行動を確認しておきましょう。

■風水害発生時の行動

□1.災害発生
自宅で命が守れるか?
事前に「洪水・内水ハザードマップ」で「避難行動の目安」を確認しておきましょう。
・守れる→自宅にとどまる(緊急避難の必要なし)
・守れない→緊急避難(災害ごとに適した指定緊急避難場所へ)
指定緊急避難場所:命を守るため、まずは災害の危険から逃れるための場所(災害の種類で異なる)

□2.緊急避難後、災害の恐れがなくなる
・自宅に住める→自宅で生活
・自宅に住めない→指定避難所へ
指定避難所:自宅が被災して帰宅できない場合、一定期間、避難生活を送る場所
★避難情報発令前の自主避難は、必ず区役所に電話をしてください。
★避難時には非常持出品(食料・飲み物・常備薬など)をご持参ください。

□日頃からの備えや対策が大切です!
・避難する指定緊急避難場所や安全な避難経路の確認
・備蓄品や非常持出品の準備・点検

□共通事項
問合せ:防災危機管理局地域防災室
【電話】052-972-3591
【FAX】052-962-4030

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1