ユーザー登録
文字サイズ

広報なごや 令和元年5月号

5月は児童虐待防止推進月間です

6/34

愛知県名古屋市

5月は名古屋市が条例で定める本市独自の児童虐待防止推進月間です。痛ましい児童虐待が後を絶ちません。もし子どもたちが傷つく前に、子育ての悩みや困難を抱える親たちのサインに気付けたら…。虐待の早期発見には地域での見守り・声かけが大切です。親子を温かく見守り、地域で虐待から子どもを守りましょう。

■児童虐待とは
保護者が子どもに対して行う次の行為です。
身体的虐待:身体を傷つける
ネグレクト:養育を十分に行わない
心理的虐待:言葉で攻撃する、拒否する
性的虐待:わいせつな行為を行う
これらは、子どもの心身の成長や発達を害する行為です。保護者が子どものことを思っての「しつけ」だと考えていても、子どもにとって有害であれば虐待です。

□ひとりで悩まないで、相談してください
子育てに悩む保護者や子ども自身の「SOS」に応えます。
◎なごやっ子SOS
【電話】052-761-4152(よいこに) 24時間365日対応

◆子どもや保護者からの小さなサインに気付いたら、まずはご連絡ください
◇子どもの様子
・不自然な傷やあざがある
・いつも服装や身体が不潔

◇保護者の様子
・近所や地域の中で孤立している
・子どもが病気やけがをしていても医者に診せない…など
虐待の確証がなくても、まずはご連絡をお願いします。匿名でも構いませんし、間違いでも責任は問われません。ご連絡が、子育てに悩む保護者の支援にもつながっています。

◎虐待かも…と思ったら、まずはご連絡を!
児童相談所全国共通ダイヤル 【電話】189(いちはやく) 24時間365日対応
お近くの児童相談所に電話がつながります。

また、地域で親子を見守り、児童虐待を予防するボランティアや、子育て支援の活動を手伝うサポーター(すくすくサポーター)の養成講座を行っています。内容はくらしのガイドをご覧ください。

問合:子ども青少年局子ども福祉課
【電話】052-972-3979
【FAX】052-972-4438

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 名古屋市市長室広報課 〒460-8508 名古屋市中区三の丸3-1-1